日記・コラム・つぶやき

2018年3月 9日 (金)

3月12日~18日は汐留で巨大ガチャ!

編集部安藤です。

3月12日から18日までの1週間、東京新橋にあるカレッタ汐留という場所で巨大ガチャを使ったイベントが開催されます(デイリーポータルZの主催イベントではありませんが、僕らもたまに会場にいます)。

詳しくはこちら(カレッタ汐留のHP)

Gachya

以前大阪でやって大好評だったイベント「人生が変わる巨大ガチャ」が東京でも体験できます。

これはおもしろいから誰かに読ませたい!という本を持ってぜひご参加ください。編集部林と安藤の選んだ本も入る予定です。誰かの人生を無責任に変えようぜ!

どうぞよろしくお願いします。

2018年3月 4日 (日)

雑草を食べるサイト、デイリーポータルZ

林です。きょう2018年3月4日に加藤まさゆきさんの「そのへんの枯れ草で納豆を作る」という記事をデジタルリマスターで再録しました。

加藤まさゆきさんって雑草をよく食べてるなと思って調べてみたらたくさんありました。

雑草アズキのおしるこが別次元のうまさ

雑草のハトムギでお茶とご飯を作る

雑草になったニンジンを食べてみたい

雑草の大豆から豆乳は作れるのか

雑草の実で作ったお粥がうまかった

1万年前のトウモロコシでポップコーンを作る

そのへんの枯れ草で納豆を作る

冬の海で野生ダイコン獲るぜヒャッハー!

メロンが雑草として育つ島


加藤まさゆきさん以外も雑草を食べてます。

食べられる雑草の最高峰「スベリヒユ」(玉置標本)

クズの根から葛餅を作ったら疲れた(玉置標本)

すっぱい雑草がジャムになった(平坂寛)

公園とかグラウンドに落ちてるワカメみたいなアレを食べる(平坂寛)

雑草で作るハーブティーは美味しかった(地主恵亮)

庭の厄介者 ヤブガラシを食べる(ほそいあや)

雑草カフェなんて名前でおしゃれカフェ開いたら流行るかもしれません。材料費ただだから儲かりますよね。

デイリーポータルZの新たな収益源が見つかりました。加藤さんありがとう!

2018年2月19日 (月)

記事の下にトップページがあるのは意味あるのか

林です。こんにちは。

デイリーポータルZの記事ページって異常なんですよね。
20180218_002
記事の下にまたトップページがくっついているという。

記事を読み終わってそのままスクロールすると、またトップに戻って別の記事を読むだろうという狙いです。

去年の3月23日からこうしてます。

ブルームバーグというサイトがこうしたらページビューが7倍になったという記事を読んだのがきっかけです。真似することを瞬時で決めて編集部石川がちゃちゃっと作りました。

記事の下にまたトップページが現れることに満足して、効果があったのかまったく検証してませんでした。みなさん、これがだめな組織です。

でも先日、スナックでアクセス解析に詳しい人に出会いました。デイリーの記事の下にトップがくっついていることにも注目してくれていたので、効果があったのか調べ方を聞きました。飲み屋で会った人に仕事を頼む。だめ組織の本領発揮です。

20180218_003
ナイル株式会社の石井 智彦さん!プロ!


記事の下にトップページをつけたあとの半年とその前の半年を比べたところ

20180218_005
なんか改善されているらしいです。1ページ読んでぴやーっと帰っていく人が減って、じっくり見る人が多くなったそうです。

じゃあもう3月23日の記事の下にトップページをくっつけた直後なんてすごいんじゃない?

20180218_004

調べてもらう

その結果、0.72ポイント&1.42ポイントアップという微妙な数字でした。

石井さん 「こういう改善って直後は気付いてない可能性があるので…。びっくりしているんじゃないですか」

気づかいを感じるコメントでした。石井さんありがとうございます!みんなびっくりしないで別の記事も読んで下さい。
しかし、記事の下にトップをくっつけるの、流行るかと思ったら全然流行りませんね。

以上、珍しくデイリーのデザインについての話でした。

2018年1月27日 (土)

ビジネスポータルZ 絶好調 & 繁忙期教えてください

こんにちは。

デイリーポータルZ 林です。

毎週土曜日をビジネスポータルZと称してビジネスパーソンに役立つ記事を掲載することにして1ヶ月。9本の記事をお送りしました!

バナナボートの上座はどこか

IT水の成分比べ

かっこいい!ビジネス用語2018

浦島太郎の再発防止策を考える

社内の知らない人と帰り道が同じになったら何と言って別れるか

みんなのかっこいいビジネス用語!

バナナ型の電話を作った男

カウントダウンだけで宴会は盛り上がる

「寝てないんです」をもっともらしく見せるメイク術

意外に6月がひま~業種別繁忙期カレンダー

どれも最低限の努力でほどほどの結果を出すことを考えた内容になっています。

これがおれたちの働き方改革だ!

聞かれてもないのにそう叫びたい気分です。

--

さて、来月のビジネスポータルZでは「ビジネスパーソン繁忙期カレンダー」という企画を予定しています。

よく農園のサイトでこのような表を見かけますよね。

20180127_001

これのビジネス版を作りたいと思います。

20180127_002

こういうのです。

いつ忙しいかを聞くとその業界ならではの話が聞けることが多いので、よくインタビューで使っています。

そのならではの話を集めて、さらにカレンダーにまとめたいと思います。

どうぞご協力をお願いします。

繁忙期記入フォーム

2018.2.3追記

2月1日までの投稿をまとめて記事にしました。意外に6月がひま~業種別繁忙期カレンダー

引き続き情報お待ちしています。

2017年12月30日 (土)

デイリーポータルZ、アダルトサイト辞めます

年の瀬に失礼します。編集部 石川です。

マイクロソフトのBingという検索エンジンがあります。
https://www.bing.com/

Ss
おしゃれな方の検索エンジン

11月ごろから、Bingでの検索結果にデイリーポータルZが一切表示されなくなってしまいました。

Image
というか初めて気づいたのが11月だったので、Bingができて以来ずっと載っていなかったのかもしれません。
ここ2か月ほどずっと原因を探っていたのですが、遂に原因がわかりましたのでお知らせします。

Bingに自分のサイトが載っていない場合どうするか(一般論)

Bingにサイトが載っていない場合、まずチェックすべき点はこちらです。
Bingウェブマスターツール を使って、サイトを登録
・Bingがサイトを見に来るのを待つ。何日か経ってから同ツールで巡回状況を確認
・登録ページ数が少ない場合はsitemap.xmlを登録する
詳細は「bing ページ 出ない」とかで検索してください。

で、この辺りをやれば普通は出るはずなのですが、デイリーの場合なぜか出ないんですね。設定したり待ったりで1か月くらいの時間を費やしましたが、徒労に終わりました。一時は自分の能力の限界を感じ、もうWEB業界から去るしかない……と思いましたが、ある日ウェブマスター用の問い合わせメールアドレスがあるのを発見しました。

Johnとの対話

以下、問い合わせのやり取りをご紹介します。John(仮名)はマイクロソフトの担当者です。

石川からマイクロソフトへ

Bingご担当者様

私たちのウェブサイト、Bingの検索結果に表示されない。
ウェブマスターツール、チェックした場合、インデックスされている、見た。
私たち、ちょっと困っている。

お忙しいところ恐縮ですが、ご対応いただけますと幸いです。
よろしくお願いいたします。

英語での問い合わせだったので片言な感じも合わせて再現しました。途中、急に流暢になる部分は、検索で出てきた例文をそのまま張り付けているところです。2~3日すると、返信が来ました。

Johnから石川へ

やあ、Daiju。
マイクロソフトのサポート担当のJohnだよ。調べてみたけどちゃんと表示されてるみたいだね。ジオロケーションを変えても大丈夫だった。もう1回確認してみてね!
じゃあ、よい1日を!

Bbb
添付されてきた画像

あれ…。
確かに出てます。ちなみに文中に出てくるジオロケーションというのは、検索する人の現在地に合わせて結果を変える機能があるようで、それを指しているものと思われます。

ただこれ、画面が英語版なんですよね。自分の手元でも試してみたところ…
・日本語版の画面で検索すると出ない
・英語版に切り替えると出る
なるほど、これか!!と思って、再度メール。

石川からJohnへ

やあ、John。

確認してくれた、ありがとう。でも検索結果、まだでない。
でも私、発見した。日本語の画面で検索、出ない。英語の画面で検索、出る。
原因、そこにあるかもしれない、思う。

お忙しいところ恐縮ですが、再度ご確認いただけますと幸いです。
よろしくお願いいたします。

これで1歩前進かな。翌日にはすぐ返事が来ました。

Johnから石川へ

やあ、Daiju。
試してみたけど日本語の画面でもちゃんと出たよ。このページでしょ?あってる?
ほかに何か情報があったら教えてね!じゃあよい週末を!

Ucm_image_eef09a6575b8441ca626a14c1
添付されてきた画像。確かに出てる…

上に貼った検索結果画面のほか、このサイトであってるかの確認用にトップページのキャプチャも貼られていました。あってるわ。


原因判明

うーん、困ったな……。
とりあえず、前回、言語設定を変えると出てきたように、ほかにも設定で何か変化があるかもしれないと思い、Bingの画面をいろいろいじってみることにしました。そして発見したのがこちら。

Ca
セーフサーチ?

いわゆる成人向けサイトが表示されないようにする機能ですね。デフォルトで中レベルの「標準」に設定されているみたいです。これを「オフ」にしてみると…

Bing
ビンゴ!(Bingだけに)

どうもBing上ではデイリーポータルZはポルノサイト(あるいはそれに準ずる未成年に見せるには不適切なサイト)ということになっていたみたいです。この機能の存在は知っていましたが、よもや自分がこれに引っかかるとは思わず、完全にノーチェックでした。まじか。

たしかにこれまでの記事では

40

毒蜘蛛や毒虫にわざと噛まれて手をパンパンに腫らせたり

Top

線香の煙にお爺ちゃんを投影したりと、やや大人向けのコンテンツも含まれていますが、なにも隔離するほどのことはないのではないでしょうか。

ともあれ原因は判明したので、またJohnにメールしてみます。

石川からJohnへ

やあ、John。

確認ありがとうございました。ごめんなさい、問題、間違っていた。
セーフサーチが原因、わたし気が付いた。でも、わたしたちエロいサイト運営してない。子供も安心して見れるコンテンツ。確認して願います。

お忙しいところ恐縮ですが、ご対応いただけますと幸いです。
よろしくお願いいたします。

Johnから石川へ

やあ、Daiju。
わかった!セーフサーチのことは見落としてたよ。気づいてくれてありがとう!
問題はうちのエンジニアに報告したから、返答を待ってね。また連絡するよ。
じゃあ、よい一日を!

 

そしてその数日後、問題が解決した旨のメールが届き、お礼のメールを送ってJohnとの文通は終了となりました。

こうしてBingでもちゃんとデイリーが出てくるようになりました。
Bingユーザーの皆様、お子様でも安心して見られるサイト、デイリーポータルZをよろしくお願いいたします。

2017年7月25日 (火)

うなぎ代替記事9選

林です。今日7/25は土用丑の日だそうです。

でも、うなぎの漁獲量が激減していたり、絶滅危惧種に指定されたというニュースも気になります。そもそも高いし。
デイリーポータルZを見直すと、うなぎの代わりの食材の記事がたくさんありました。これさえ読めばうなぎを食べなくても問題なしです。まさにうなぎ希少時代のアンセムな記事。どうぞ。

20170725_001

群馬県太田市のナスの蒲焼き。うなぎではないけどごはんがもりもり食べられる、とのこと。写真のシズル感がすごい。この写真だけでごはんが食える。

20170725_002

西日本に多く生息するタウナギ。地元で「水路にいるヘビみたいなやつ」で通じる、というところが気になりますが、香りはうなぎに似ているとのこと。でも脂が少なく肉質が硬いそうです。写真でもなんとなくわかります。

これはうな重ですか? いいえ「あなごのばかし」と「ばかしあい」です(住正徳)

20170725_003

築地にある煮穴子を「うなぎのばかし」という名前で出すお店。でもやっぱりこれもライターの住さんいわく、おいしいう穴子だけどうなぎではない、とのこと。

うなぎカマボコを、うなぎと言って食べさせた(土屋遊)

20170725_004

「うなぎを振る舞うからお集まりください」と呼びかけたことで、うなぎでないことがバレています。ライター土屋さんのふだんの行いがあだになった企画。

デンキウナギを捕まえて、感電して、蒲焼きにして食べた(平坂寛)

20170725_005

豚の角煮のような食感だそうです。でもこれ紹介したところで誰も食べないですね。記事の最後で強盗にあった平坂さんサムズアップしているのが謎。

気持ち次第でうな丼に「さんま蒲焼」(榎並紀行)

20170725_006

さんまの蒲焼きをごはんにのせるだけで「うな丼と遠からぬ味わい」。「サンマの味が分からなくなるくらいタレをかけるのがポイントだ。」と気になることが書いてありますが、これは絶対にうまいだろ。

土用の丑の日には甘酒料理を食べよう(馬場吉成)

20170725_007

土用丑の日ってうなぎだけじゃなくて、甘酒もありなんですよね。ただ飲むだけじゃなくて食材をつけたりしてます。ただ飲むだけだと記事ならないですしね。

蒲焼こう(乙幡啓子)

20170725_008

練り物にタレを付けて焼いていちばんうなぎっぽいものを探しています。食感がうなぎに近いのは「はんぺん」、味がいちばん近いのは「すじ」。
魚肉ソーセージはタレを付けて焼かれても魚肉ソーセージの矜持をたもっていた、とのこと。魚肉ソーセージの矜持なんて言葉、この記事以外で見たことがありません。

簡単にできる激安豪華丼のススメ(地主恵亮)

20170725_009

最後はこちら。ごはんに蒲焼のタレをかけて、自己暗示でうな丼として食べるライフハックです。

--

うなぎが買えなくてもなんて豊かな食生活。うなぎがなくても我々には知恵があります。記事を参考に皆さん Have a nice 土用丑の日!

2017年7月12日 (水)

人間大砲は長野へ、奴隷が棒を回してる装置は新潟へ行きました

こんばんは、編集部の橋田です。
人間大砲と奴隷が回してる棒の装置の引き取りをお願いしておりましたが、引渡しが無事完了しました。

人間大砲は、長野県駒ヶ根市の市役所の方が引き取りにきてくれました。朝9時に駒ヶ根市を出発して、新宿に到着したのは13時過ぎ。4時間運転して、わざわざ取りにきたくださるなんてありがたい。

Img_1344

蓋は取り外しができて、

Img_1349

中にはいるときと、はいった後は下部を押さえててあげてください。前に倒れちゃうので。

という、たった2つのポイントを伝授しました。

ライターの馬場吉成さんが記事で使ったけど不要になったちゃぶ台菜麺機寿司屋の服岩塩を引き取ってくれるということで、馬場さんにも会いにいきました。

2

馬場さんへ日本酒、デイリーポータルZ編集部へどら焼きのプレゼントもいただきました。

Img_1359

わざわざ寿司屋の服を着て記念撮影をしてくれるという、なんともいろいろ気遣いが多い!

0001

車に積めるだけ全部引き取っていただき、こんな感じで車に積んで、長野まで帰宅されました。

00002_2

駒ヶ根市のいい風景と一緒に写真におさめて、送ってきてくれました。人間大砲の装置だけど…

0

ご自宅の倉庫に一時保管してくださったいるそうです。無事に駒ヶ根市に到着して安心しました。

一方、奴隷が回す棒の装置は新潟県新潟市へ発送完了いたしました。

Img_1439

運送中に壊れないよう梱包するのに1時間以上かかりました。ほぼガムテープなのでは?という見かけですが、なんとか完了。

Img_1442

奴隷が回している棒の企画と出演、記事執筆担当した藤原くんと最後のツーショット写真。「梱包する前にもう一度回したかった?」と謝罪したら、「いや、べつに回さなくて大丈夫でした」との回答でした。そうなのか…

長野県と新潟県に行って、どこかしらでこれらの装置を見かけたら、「デイリーポータルZが使ってた人間大砲!奴隷が回す棒だ!」って思い出してください。

いい人にもらわれていって本当によかったです。娘がいい家に嫁いでいってくれたと安心する親の気持ちが少しわかりました。人間大砲も、奴隷が棒を回す装置も私はつくってないけど……。 制作者の岩沢兄弟にお伝えしたいと思います。

今後も不要品が出ましたら、お譲りする告知をしたいと思っております。それまでお待ちくださいませ!

2017年6月 1日 (木)

乙幡さん、ハトヒールが世界で話題になった結果、改名を迫られる

こんにちは、編集部 石川です。

先日の乙幡さんの記事、「“ハト”ヒールでハトと仲良くなりたい」

Top

「ハイヒールをハトみたいにして、ハトの群れで人気者になってみたい」という一切共感できない導入から始まりつつも、圧倒的な作品のインパクトで、デイリーの今月の人気記事トップに躍り出ました。

そしてこの記事、国内だけでなく、いま世界中で話題になっています。

Bored

boredpanda はデイリー関係者がけっこう見ている、おもしろサイト。

 

Daily

デイリーつながりで名前的にシンパシーを感じざるを得ない Daily Mail は、イギリスのスポーツ新聞的な新聞のオンライン版です。


Spoon

これが6/1時点でたぶん一番新しい記事。Spoon & Tamago という日本の話題を紹介するページのようです。

Cheese

CHEESEburgerというサイト。これもおもしろ系っぽいです。

Mymod

mymodernmetはアートやカルチャー系のメディア。

 


Ufunk

UFUNKはヘボコンも紹介されたことがあるフランス語のアートやカルチャー系のページです。

India

英語圏以外だと、他にもインドのページ

H

ベトナムのサイト

 

Ru

ロシアのサイトなどにも登場しています。ここに紹介したのはまだ一部。ほかにもいろんなサイトで紹介されております。

ところで、海外のサイトを見ていると、あることに気づきました。

Kyo3

キョート・オーハタ

誰?

どのサイトを見ても、乙幡さん(ケイコ・オツハタ)が「キョート・オーハタ」と紹介されています。

Kyoto

仕方がないのでTwitterのアカウント名にも a.k.a をつけた乙幡さん。

なんでこんなことになってしまったのか。我々取材班は調査に乗り出しました。
そこで判明したのがこちら。

Kyo2_2

どうもKyoto Ohataの初出は、上で紹介したmymodernmetの記事のようです。そしてその情報元として挙げられていたサイトを見てみると…。

Kyo_2

ロシア語!なんと乙幡啓子がロシア語化される過程で、キョート・オーハタになってしまったようです。

ちなみにGoogle翻訳を使って上のロシア語の発音を確認したところ、ほぼ「キョータ・オハタ」みたいな感じの発音でした。

ロシア文字で「ケイコ」と表記することができなかったのか、あるいは単にロシア人が適当だったのかは知る由もありません。
しかしいずれにしろ乙幡さんは「キョート・オーハタ」として、いまハトの羽根で世界に羽ばたいておられます。

Shoemaker

しまいには靴職人にされてます。

なお、今週土曜公開の月間総集編では、この件について乙幡さんへのインタビューを掲載予定。そちらもお楽しみに。

追記:
インタビュー記事を公開しました!3ページ目です→5月の記事ベスト5&「キョート オハタです よろしく」

英語版、乙幡さんの作品記事も公開しております。こちら→Kyoto Ohata's Novelty Collection

2017年4月 5日 (水)

かわいい猫の写真です

こんにちは、編集部 石川です。
先日の平坂さんの記事はご覧いただけましたでしょうか。

船を食う怪生物「フナクイムシ(タミロック)」は旨味のかたまりだった
http://portal.nifty.com/kiji/170404199228_1.htm

主役のフナクイムシがあまりにショッキングな見た目だったため(僕が見たネット上での最悪の反響は「鼻水みたい」というものでした)、トップ写真は編集部判断により猫の写真でマスクさせていただきました。

Aaa_2

このネコ画像、公開前日にFacebookの関係者グループ上にて急遽あつめたものです。

Aaa

このあと思ったよりたくさん写真が集まりまして、死蔵するのももったいないのでこちらで公開させていただきます。
ただ無心で、かわいい猫の写真をお楽しみください。

17493060_1583936314969668_220825354

↑西村さんより

17796735_1929176490660110_205127837

17546915_1929179637326462_863217134

↑江ノ島さんより

17796459_1383872701656610_610227026

 

17620463_1383872911656589_433622590

↑松本さんより 。上は飼い猫「じゃんけん」の野良時代、下は飼い猫になってから

17757395_1313455255398844_733717654

↑鈴木さくら さんより

17757342_1261213943986461_299867082

↑加藤まさゆき さんより 。上は飼い猫「じゃんけん」の野良時代、下は飼い猫になってから

17760131_1404084906324353_495023461

↑伊藤さんより 「ジバニャンは火鍋にならないかと思って描いたメモです」

17504355_10206777755241359_44039955

17493125_10206777756401388_15207456

17635513_10206777757601418_41350524

17758555_10206777758321436_65704976

↑ウェブマスター林より

 

17759721_1305353559529872_681939139

↑べつやくさんより


2016年12月29日 (木)

福岡、西千葉、学童のヘボコンにゲストで行ってきました

ド年末まっただなかのところ恐れ入ります!編集部 石川です。

技術力の低い人限定ロボコン(通称:ヘボコン)、今年もワールドチャンピオンシップをはじめデイリーポータルZ主催で何度か開催しましたが、他にも有志によるイベントが国内外で多数行われました。
そのうちのいくつかにゲストとしてお呼びいただきまして、この目でゴミの山……いや失礼しました、力作ロボットの数々を見てきました。この場を借りてダイジェストでご紹介したいと思います。

つくると!ヘボコン

まずは10月のおわりに福岡で行われた、「つくると!」というものづくりイベントの中で開催されたヘボコンです。

Simg_5261

3Dプリンタや自作自転車等のならぶ会場の一角で開催。

Sdsc_1535

土俵です。ちゃんとプロッター(シートを切る機械)でカットされたロゴのカッティングマットを幼児ががんばって貼った結果、凹凸に(試合に多大な影響アリ)

Po_3

試合中の様子。右のロボットは「ポルシェさん」。高級車をダンボールの切れ端で何重にも固めた意欲作。

Sdsc_1590

DPZ賞を贈呈した「就活終わらない号」。履歴書(本物)を搭載し、採用を迫り相手に突進していく。住所氏名はおろか志望動機まで含めた個人情報が駄々漏れのロボ。

Sdsc_2270

イベント終了後の記念写真。主催者が作ってくれたトロフィ(前列中央のふたりが持っている)の、節度のないデカさにも注目していただきたい。

Sdsc09913

イベント終了後、優勝ロボを借りて遊ぶ子ども。もうなんか、味しかない写真。

出場ロボットの紹介および各賞受賞者はこちら。

東京のMakerFaireなんかとも似たイベントですが、地方ならではののんびりした雰囲気もあり楽しかったです。また、ヘボコン自体にも家族参加が多く、そのうえ単にアットホームなだけでなく、ちょっと天才っぽい感じの子供が多数登場。ぜひ技術は磨かず慣性だけがすくすく育っていってほしいです。

ヘボコン@西千葉工作室

こちらは今月上旬、西千葉にあるFabスペース「西千葉工作室」で開催されたヘボコンです。僕が電車を間違え1時間遅刻、んなを待たすという前代未聞のスタートを切りました。(すみませんでした…)

S15338645_1865929283639971_47064737

今回はなんと会場が外!駅前の通りで、近所のおじいちゃんやらが何事かと思って足を止めて見ていくような環境です。

S15390683_1865929863639913_15403610

子どもの出場者がいると、負けたときに悔しくて泣いてしまうことがよくあるのですが、今回はじめて「悔しくてではなくて相手のロボットが怖くて」泣いた子供が現れました。写真はその子どもを泣かせたロボット。首!

S15356623_1865929590306607_57378891

めっちゃいい写真なので見てほしい(泣いた子とは別の子です)

S15338870_1865929416973291_35617509

全試合終了後の表彰式にて。主催者が自分で優勝を獲得するという破天荒な結末になりました。

S15355750_1865929506973282_78041640

デイリーポータルZ賞。足の付け根がバネになっているイセエビのロボで、転倒して負けたあとにバネによって足がプルプルと痙攣するという小技が効いており、心を打ち抜かれました。(ロボットの写真がなかったため贈呈風景ですみません)

S15338722_1865929286973304_25164407

可愛いロボットの多い、カラフルなヘボコンとなりました!(生首を除く)

学童ヘボコン

そして最後に、つい先日、埼玉県の学童保育(小学校の放課後に共働き家庭の子が宿題やったり遊んだりするところ)でヘボコンが開催されました!子供向けのワークショップは今まで開催したことがありましたが、60人以上の子供がひしめく大規模な子供大会は初めてです。

Dsc03850

機動力の弱いロボが多く膠着状態になりがちだったので、「固まったら土俵を叩いてもよい」というルールを導入。後半はロボットバトルというよりほとんど紙相撲の様相を呈していました。

Dsc03834

2016年を代表するロボットの登場。手前に突き出ている棒が「ペン」です。奥にりんご。

Dsc03812

子供が描いた顔はなんでこんなにかわいいのか

Dsc03895

こういう設計図を基にみんな作ったそうです。(僕が行った時にはもう完成してました)

「さいきょう」「さいきょう」

Dsc03816

ロボット置き場に置いてあり、変わったの作ったなー、と思ってたら結局最後まで登場しなかった、手作りのチューブ。なんだったのか。

Dsc03853

ロボットだけ集めるとゴミっぽくなるヘボコンですが、この日は今まででも群を抜いてました。

前述のように、学童ヘボコンでは「テーブルを叩いてよい」ルールが導入されました。それが試合を重ねるにつれて「マスター(僕のことです。ヘボコンマスター)が言うまで叩いちゃダメなことにしよう」「叩いていいのはチームで一人までにしよう」等とつぎつぎルールが提案されて、一時カオスになりかけた戦場が少しずつ秩序を取り戻していくさまが面白かったです。なにかカルチャーが生まれる現場を目撃した気がしました。

ちなみにそのあとクリスマスパーティーにも混ぜていただいたのですが、子供たちとの交流の末、帰宅時にはメガネとカメラのレンズが指紋だらけになっていました。子供のレンズを触ることに対するためらいのなさ、そして皮脂力を痛感しました。

オーガナイザー募集中

というわけで手短ですがレポートでした。

なお、ヘボコンは引き続き、自主開催イベントを募集しております。ご連絡いただけると、開催のための手引書や賞品に使えるグッズなど、こちらからお送りします。
規模やオープン/クローズドの区別は問いません。イベントごとはもちろん、学祭で、社内懇親会で、もしくは研修の一環として(?)などなど、お気軽に hebocon@list.nifty.co.jp までメールにてご連絡ください。

それでは皆様、よいお年を!

 

より以前の記事一覧